須坂のみどころ

須坂市は、江戸時代に須坂藩主堀氏の館町として、また大笹街道と谷街道の交差する場として、数々の商取引きが行なわれました。その後明治から昭和にかけて製糸業で隆盛を極めました。市街地に現存する蔵は明治から昭和にかけて建築されたものが多く、蔵を生かした商店、博物館、美術館など当時を偲ぶことができます。また郊外には、素晴らしい大自然の宝庫が見られ、今なお愛され続ける温泉も旅人達を癒してくれます。



須坂市立博物館

所在地 〒382-0028 長野県須坂市臥竜2-4-1
お問い合わせ TEL:026-245-0407
FAX:026-214-5548
入館料 高校生以上100円(80円)、小・中学生は無料
( )内は20名以上の団体割引料金です。
※企画展・特別展などはその都度定めます
休館日 月曜・祝日の翌日(4月~10月)
祝日(1月~3月)・年末年始
開館時間 9:00~17:00
場所・駐車場 臥竜公園内 駐車場 約60台(無料)
関連リンク 臥竜公園
須坂市動物園
臥竜公園商店会

 昭和41年、郷土資料の展示を目的に開館。「郷土から全国を見つめる」を展示コンセプトに、「近世の須坂」「生糸の町須坂」「須坂の考古学」の常設展示3室と、各種講座・特別展・企画展などを開催している。  須坂の製糸業全盛期にかかわる資料などを常設展示。北信濃の古墳文化を代表する八丁鎧塚古墳・本郷大塚古墳などの考古史料なども展示されている。

MAP

関連 Youtube 動画