お土産・特産品

須坂市は、江戸時代に須坂藩主堀氏の館町として、また大笹街道と谷街道の交差する場として、数々の商取引きが行なわれました。その後明治から昭和にかけて製糸業で隆盛を極めました。市街地に現存する蔵は明治から昭和にかけて建築されたものが多く、蔵を生かした商店、博物館、美術館など当時を偲ぶことができます。また郊外には、素晴らしい大自然の宝庫が見られ、今なお愛され続ける温泉も旅人達を癒してくれます。



蔵のまち観光交流センター

所在地 〒382-0087
須坂市大字須坂352-2
お問い合わせ TEL:026-248-6867
FAX:026-248-6875
E-mail : info@suzaka-kankokyokai.jp
入館料 無料
定休日 12月29日~1月3日
開館時間 AM 9:00~PM 5:00
※貸館はPM10時まで
関連リンク 多目的ホールのご案内はこちら
五つ蔵の紹介
※観光案内と休憩所です、お気軽にお立ち寄りください。

 須坂市蔵のまち観光交流センターは、明治中期に建築され製糸業隆盛時には、まゆ蔵として使用されていた近代化産業遺産です。
 また、3階建てのまゆ蔵は、現存している蔵としては市内には数少なく、歴史的にも貴重な建物であります。このほど耐震補強などを含む改修工事が終わり、観光客への観光情報の提供を行うとともに、地場産品の紹介や販売を通し、市民と観光客の交流を深め、観光振興、賑わいを図るための観光交流センターとしてオープンしました。
 場所は、 クラシック美術館の向かい側に位置し、蔵の街歩きのスタート地点になり、観光のお客様の休憩所もかねていますので、お気軽にお立ち寄りください。
 観光案内所では、須坂の推奨土産品をはじめとしたお土産の販売もしています、町並み散策にはまず始めにお立ち寄りください。また、宅急便の受付も始めましたので、ご用命ください。

 

子ども用も有ります。(22・24インチ)  「蔵のまちレンタサイクル」(無料/預かり金有)がありますので、ご利用ください。
 尚、台数に限りがありますので、できるだけ「予約」をお願いします。

多目的ホールのご案内はこちら


須坂のお土産代表格 ~五つ蔵~

須坂市は、昔から味噌醸造に適した場所で現在五つの味噌蔵が、手造りの天然醸造で味噌造りをしています。小さ な味噌蔵ですが、毎年長野県や全国の品評会で上位の成績を収める技術力や品質を誇っています。この数年、信州須坂みそ「五ツ蔵」は、JR東日本を通じて全国に販売され、須坂市は「みその町」として知られるようになりました。須坂市を代表する土産品です。

MAP

関連 Youtube 動画