須坂のみどころ

須坂市は、江戸時代に須坂藩主堀氏の館町として、また大笹街道と谷街道の交差する場として、数々の商取引きが行なわれました。その後明治から昭和にかけて製糸業で隆盛を極めました。市街地に現存する蔵は明治から昭和にかけて建築されたものが多く、蔵を生かした商店、博物館、美術館など当時を偲ぶことができます。また郊外には、素晴らしい大自然の宝庫が見られ、今なお愛され続ける温泉も旅人達を癒してくれます。



綿幸サロン・蔵の美術館

所在地 〒382-0082 長野県須坂市中町218(八十二銀行前)
お問い合わせ TEL:026-245-0218
入館料 無料
定休日 水曜日
開館時間 10:00~17:00
駐車場 駐車場完備
アクセス 長野電鉄須坂駅より徒歩10分
蔵のギャラリー

 須坂の老舗呉服店が、店舗横に明治初期の土蔵を改造した蔵のギャラリーで、地域文化の向上を願い、全国の絵画・陶器・染織・版画・人形などの作品を毎月企画展示しています。 また、平成23年11月からはこの二階で「蔵の美術館」をオープン!大正から昭和の着物や工芸品・帳場の机や店舗の写真など50点が展示されている。

MAP

周辺施設のご案内

綿幸サロン・蔵の美術館の付近のスポット情報をランダムに掲載しています。お出かけの際のご参考にどうぞ。