温泉・宿泊

須坂市は、江戸時代に須坂藩主堀氏の館町として、また大笹街道と谷街道の交差する場として、数々の商取引きが行なわれました。その後明治から昭和にかけて製糸業で隆盛を極めました。市街地に現存する蔵は明治から昭和にかけて建築されたものが多く、蔵を生かした商店、博物館、美術館など当時を偲ぶことができます。また郊外には、素晴らしい大自然の宝庫が見られ、今なお愛され続ける温泉も旅人達を癒してくれます。



仙仁温泉 岩の湯

所在地 〒382-0034 須坂市大字仁礼3159
お問い合わせ TEL:026-245-2453
FAX:026-248-0047
宿泊 収容人員 80名
客室 18室 (全室和室)

チェックイン  14:00
チェックアウト 12:00
泉質 単純温泉
施設 洞窟風呂・檜風呂(男/女)、ラウンジ(喫茶)、書斎・料亭深仙庵
日帰り入浴 不可

北信濃の静けさとぬくもりに満たされた山里の一軒宿。 深山幽谷に響く小川のせせらぎに耳を傾け、ふるさとのように安らげる宿、仙仁温泉は、平安時代山伏 によって発見された温泉で、武田信玄、上杉謙信の隠し湯です。
川中島にも近いことから、川中島の合戦以降に武田信玄の隠し湯になったとされています。

 ●施設

収容80名様 全室和室(18室)、予約時に申し出頂ければ簡易ベッドを用意いたします。
洞窟風呂・檜風呂(男/女)・ラウンジ(喫茶)・書斎・料亭深仙庵
チェックイン 14:00  チェックアウト 12:00

 ●宿泊料金(一泊二食)

お一人様25,000円~42,000円

 ●公共交通

長野電鉄須坂駅下車。仙仁行きバスで約30分終点下車。

 ●車でのルート

上信越自動車道須坂長野東IC下車。
国道403号、406号経由で約10キロ。

 ●駐車場

あり

MAP