須坂のグルメ

須坂市は、江戸時代に須坂藩主堀氏の館町として、また大笹街道と谷街道の交差する場として、数々の商取引きが行なわれました。その後明治から昭和にかけて製糸業で隆盛を極めました。市街地に現存する蔵は明治から昭和にかけて建築されたものが多く、蔵を生かした商店、博物館、美術館など当時を偲ぶことができます。また郊外には、素晴らしい大自然の宝庫が見られ、今なお愛され続ける温泉も旅人達を癒してくれます。



信州フルーツ王国振興会

所在地 長野市南長野南県町686-1
長野農業改良普及センター内
お問い合わせ TEL:026-234-9534

須坂は長野県内でも有数の果樹栽培が盛んな地域で水はけのよい土壌、昼夜の温度差が大きく、降水量が少ない気候が果汁が多く甘味が強い美味しいりんご、ぶどう栽培に適しています。須坂市から小布施町にかけての国道403号線及び北信濃くだもの街道沿いに多く観光農園が並んでいます。
信州フルーツ王国振興会会員の観光農園ではりんご、ぶどうのほか、桃やさくらんぼも栽培しています。
りんごの生産量では、全国第2位を誇る長野県。また、ぶどうの王様「巨峰」は全国1・2を争う生産量です。
くだもの狩りができる観光農園では8月から11月にかけて、真っ赤なりんご、そしてぶどうの王様 「巨峰」がたわわに実ります。
この時季のお土産には、りんご園でのりんご・ぶどうがお勧めです!もぎたての味は、また格別! りんごは8月の「つがる」から、11月の「ふじ」まで、品種もさまざま。巨峰は9月から10月です。信州フルーツ王国振興会会員、信州フルーツ王国の看板があるお店へぜひお越しください。

【参考料金】
「さくらんぼ」1,500円~2,000円(食べ放題・要予約)
「もも」1,500円(食べ放題・要予約)
「ぶどう」つみとり計量販売(巨峰1,100円/kgより)
「りんご」つみとり計量販売(400円/kgより)(一部の農園では食べ放題プランもあります)

いろいろ食べ比べてお好きな品種や味を見つけてください。

※詳しくは各農園へお問い合わせください。


☆りんご・ぶどうの豆知識
●りんごはビニール袋で冷蔵庫に。
 ビニール袋やポリ袋に入れ、冷蔵庫に入れておくと、鮮度が保てます。

●りんごの表面がしっとりとするのは何?
 たまに、皮の表面がしっとりするりんごがありますが、これはワックスではありません。熟すにつれて分泌される物質で、これは食べごろサインでもあります。

●ぶどうは皮ごと。
 抗酸化作用のあるアントシアニンは、果皮と果肉の間に含まれているので、できれば皮ごと食べましょう。 房の肩のほうが甘みが強いので、房の下から食べ始めると最後までおいしく食べられます。

 

MAP

周辺施設のご案内

信州フルーツ王国振興会の付近のスポット情報をランダムに掲載しています。お出かけの際のご参考にどうぞ。